>>>>>

復縁したいときはまず、自分のストーリーを語ろう

こんにちは!復縁屋の荒川です。
今回お話しする復縁したい時のテクニックは「語る」ことで問題を解決していくというテクニックになります。

心理学では「ナラティブ分析」という方法です。

これは、失恋や複雑な恋愛などを含めた過去の経験を物語として語り、その物語を分析していく作業になります。

分析していく事で、否定的に感じていることを肯定したり反省したりして、新しいストーリーに書き換えることができるテクニックです。

一見、恋愛とはあまり関係のない様に思えますが、現在進行中の恋愛が上手くいかない、毎回同じような事が原因で離別してしまう、合わないパートナーばかり選んでしまう、好きなのに復縁できないなど、恋愛がスムーズにいかない場合に非常に役立ちます。

ナラティブ分析と聞くと凄く難しい作業のように感じますが、簡単に言うと自分の過去を物語として誰かに話し、その物語の中から自分では見いだせなかった解決策を見つけるというテクニックです。

例えば、パートナーに浮気をされたけれど復縁したい場合、ネガティブな要素が多いため復縁になかなか前向きになれず立ち止まってしまい、どうすれば良いか分からなくなるケースがあります。

最初は相手が浮気をした事実に怒りを感じるのですが、復縁を受け入れてもらえないと分かると、自分が悪かったから浮気をされたのだ、自分がこんな性格だからダメなのだ、と自分自身を否定するようになります。
復縁するにはどんな恋愛であっても後ろ向きの状態では上手くいきません。

そこで、ナラティブ分析による自分のストーリーの確認で、恋愛の物語を追いながら復縁できない本当の原因を探し出すのです。

復縁だけではなく、恋愛や人生においても同じ様な所や内容で失敗しているのであれば、過去のトラウマが関係している可能性もあります。
ナラティブ分析によりトラウマが見つかれば、それと向き合うことで行き詰まりの原因を解放することができ、ことをスムーズに進めることが出来るのです。

ナラティブ分析は信頼できる相手に話す、語ることで道が開けていきます。
復縁屋株式会社のカウンセリングでも話を聞き、相談者が気づけなかった答えを見出したり選択肢を増やすので、一種のナラティブ分析だといえます。
専門カウンセラーは全ての過去を受け止め、冷静にプロの目で判断します。
自身の過去の記憶を辿り、物語として信頼できる相手に話すナラティブ分析は、困難な復縁において可能性を高めるテクニックだといえるのです。

夫婦、元旦那、元妻と復縁屋で復縁したい

復縁の為のサイト紹介

復縁テクニックは「語る」ことで問題を解決していくというテクニックというのが有ります。
心理学では「ナラティブ分析」という方法です。
これは、失恋や複雑な恋愛などを含めた過去の経験を物語として語り、その物語を分析していく作業になります。

関連記事

Comment





Comment



Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud