>>>

嫉妬や過干渉の原因は「心の境界線」―復縁屋は、自分自身との付き合い方を提案します

こんにちは!「復縁屋」の社長、川原です。

別れてしまった原因について、二人のどちらか一方の過干渉・嫉妬深い性格のせいだと悩んでいるかたが大勢います。こうしたケースに当てはまる場合、復縁工作と同時並行集中的なカウンセリングを行っております。

 

相手のかたと、何より自分自身にどう向き合えばいいのか。反対に復縁したい相手が嫉妬心を抱きがちな性格だった場合、復縁後にどのように対応すればよいのか。

そのヒントについて、精神分析学に基づき紹介します。

 

嫉妬・過干渉の原因

自分で悪いと思っているのに、どうしても束縛をやめられない。

最近多いのは、スマホやパソコンをこっそりチェックするのをやめられず、喧嘩別れになってしまったというご相談です。他にも、ファッションや日常生活に厳しく口出ししすぎて、衝動的に別れてしまったというケースに頻繁に出会います。

 

いずれの場合も、ひとつの共通点があります。それは、ご本人が「相手を苦しめるからいけないことだ」と日ごろから強く認識されていることです。やめたくてもやめられない。この苦しみの原因は、心の過剰防衛にあります。

 

誰にでもある「心の境界線」

他者とコミュニケーションを取るとき、人間はそれぞれ自分なりのルールに従って行動しています。

このルールのことを、精神分析学の大家・フロイトの考えを引き継いだ研究者たちが「心の境界線ルール(バウンダリー)」と説明しています。心の境界線が未熟な人は、他人と自分の問題を区別できません。嫉妬や過干渉をする人の傾向についても、現代の精神分析学で次のような傾向が指摘されています。

 

  • 自分と他人の感情の区別がつかず、パニックになりやすい。
  • 他人の意見を柔軟に受け入れるあまり、主体性のない人間になる。
  • 恋人や配偶者に対して献身的すぎて、かえって疎まれてしまう。

 

弊社にご相談に来られるかたにお話を伺うと、恋人・配偶者との関係以外にも共通の悩みを抱えておられます。

友人関係が長続きしない・他人に尽くしすぎてつけこまれてしまう・家族との関係が良好でないといったものです。

 

心の境界線ルールの成長は、一朝一夕で叶うことではありません。

人間関係・社会経験を通して、ともすると10~20年もの長い期間が必要です。そこで弊社は、ご自身の性質と「付き合う」という方法を提案しております。

 

相手に執着することは、決して悪いことではない

復縁のご相談にあたっては、まずは罪悪感を少しでも軽くしていただくことが肝要だと考えています。

嫉妬深い・過干渉であるということは、本来は決して他人を傷つけるものではありません。むしろ、社会で強いリーダーシップを発揮する人に多い傾向です。また、こうした性格の人と交際でき人物は、自分に強く執着してほしい・支配されたいという欲を無意識に持っています。対人関係で相手そのものに強い関心を払えるというのは、実は得難い素質であるのです。

 

問題となるのは、罪悪感や自己否定感です。こういった感情がパートナーに伝染し、勢いで一時的に別れを選択してしまったというケースは稀ではありません。私たち専門家による調査・復縁工作は、感情を制御するのに役立ちます。

 

真実を確かめれば、感情を制御できる

復縁工作の前段階である調査業務では、パートナーの本当の想い・考えを明らかにします。

独力では確かめようのない事実に固執して感情がもつれてしまった場合、何はともあれ真実を確かめることで、気持ちを解きほぐすことが出来ます。相手の状況に関心が向くことで罪悪感・自己否定感の軽減が望めることも、過去の相談例で明らかになっています。

新しい恋人がいる・何か隠し事があったという場合でも、カウンセリングの知識を持ったスタッフが、感情の暴走をしないように支えます。その上で、次のステップへと進みます。

 

 

二人の協力関係を重視した「復縁」を目指す

末永い幸せを得るには、二人がお互いの悩みを分析し・真剣に取り組もうという姿勢は欠かせません。こうした関係で繰り返し安心・信頼を感じることが、心の境界線ルールの成熟の近道なのです。

復縁屋の工作員には「同性の頼りになる友人」を演じられる人物もいます。状況やお二人の性格に応じて、このような工作員を通し相手方に適切なアドバイスを与えていきます。

 

復縁したい相手が嫉妬深い・過干渉」である場合

ご相談にいらっしゃる方ではなく、パートナー側に悩みがある場合もあります。こうしたケースでは、ご相談者様に「相手にもっと見てほしい」という強すぎる願望が隠れている可能性を考え、カウンセリングをじっくりと行っていきます。いずれにしても、どちらか一方だけが別れの要因だということはありません。二人それぞれの過去・仕事や家族などの周辺環境が絡み合い、専門家の手助けなしではほどけない状態になっています。

ご相談の段階で、今後の関係のヒントになるような何らかの判断・アドバイスを提示しております。まずはお話を聞かせてください。

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud