>>>

復縁で「本命」になるために。セフレ・金銭目的の関係を続けさせるアンダーマイニング効果の怖さ

復縁屋株式会社の社長・荒川です。

「よく金銭的支援をしていた彼と復縁したい

「もしかすると恋人という認識はなくて、セックスフレンドだったのかもしれない」こういったご相談をいただくことがあります。

こういったケース以外で復縁に成功した場合でも、安易にお金や身体で繋ぎとめようとすることを強くお止めしております。

 

「与えすぎるのは良くない」と久しく言われておりますが、心理学でもすでに解明されています。セフレ・金銭目的だった二人の関係を復縁でより良くするための弊社の考え方も含めて、お話しいたします。

 

お金や身体目的の関係でも、諦める必要はない

金銭・セックス目的だけで特定の異性と交際し続けられる男性は、意外にも「極めて稀」です。もしこれが成立するなら、風俗店・キャバクラ等で出会った女性をとっかえひっかえするでしょう。男性向けの週刊誌では、そうした都合のいい女性を見つけるテクニックが紹介されていますが、これは「男性は割り切れない生き物である」ということの裏返しでしかありません。

 

  • 性格や趣味のうち、何かしら共通点がある
  • 思考パターンが似ている
  • 放っておけない何かを感じている

 

こうしたことがきっかけで「この人は信頼できる」という確信を持っているからこそ、経済状況や性生活に関する弱みを女性に握らせるのです。交際にいたる男性自身の内発的動機は、常にあったとも言えるでしょう。ご相談に来られる女性のかたには、少なからず縁は繋がっていることをまずは信じていただきます。その気になれば真面目な交際を始められるのに、どうしてお金や肉体関係で結びついてしまうのか。それは、報酬を約束するとかえって意欲低下が低下してしまう「アンダーマイニング効果」が関わっています。

 

まじめな交際に対する動機を奪う原因

アンダーマイニング効果については、アメリカで積極的に実験が行われています。

有名なのは、本好きの子供に対して「1冊本を読むごとにお金をあげる」という約束をするものです。このような約束をすると、読書の目的が遅かれ早かれお小遣いになってしまいます。そしてある日、ふいにお小遣い制をやめると、子供は読書しなくなってしまうのです。

 

これには生存に関わる原始的な心の動き、特に報酬系と呼ばれる脳の働きが関わっています。決して、その人が不誠実だから・不真面目だからというわけではありません。会う度にプレゼントや金銭的支援をする・肉体関係で結びつこうとすると、男性は「物質的に満足させてくれるなら会おう」という報酬系の運動に支配されてしまいます。毎回なんらかのご褒美があるのに、ある日突然食事だけで済ませるデートがあると、どうなるでしょうか。

それまでずっと脳が依存していた外発的動機が突然絶たれて、男性が衝動的に去ってしまう可能性が大きくなります。弊社でご相談を承ったケースにも、このようなものが多く見られました。

 

つまり、会うたびに何らかのご褒美があるという状態は、二人の誠実な関係にとってマイナスの要素になります。まずはこのご認識をしっかりと持っていただくことが、復縁屋としてのスタートラインだと考えております。

 

復縁して「まじめな交際」をするには

こうしたケースでは、復縁工作前の性格調査・プロファイリングを徹底します。

女性からの援助交際やセフレ関係に陥った段階から、気持ちのすれ違いが発生していたと見るためです。女性側が疑念をいだきながら交際をしているばかりでなく、男性も罪悪感から素直に気持ちを告白できない状態だったと考えられます。次の恋人がいる場合、復縁希望の方に当初感じていた魅力を無意識に追い求めていることが多いため、慎重に観察する必要があります。

 

すぐに会おうとしない・門限や家計簿を駆使する

いつでも会える・要求に応えてくれるという相手の油断をなくすには、自分自身の生活にある程度制限を設けるのが有効です。弊社では、ライフサイクルのなかに門限や「一人になる時間」を組み込んでみたり、家計簿で金銭出費を抑えてみることをおすすめする場合があります。

 

依存心をなくす

安易に物質的なもので人の心を繋ぎとめてしまう心理には、相手に依存したい・甘えたいという気持ちが強く隠れています。もっと深く掘り下げていくと、相手をコントロールしたいという衝動も見え隠れします。ご相談される女性のかたにとって痛みを伴う作業ですが、こうしたカウンセリング・性格改善も弊社の使命と心得ております。

 

工作中に連絡がきたとき・復縁後の注意点

復縁が決まる前後のデートでは、どのような言動や行動が好ましいか悩みがちです。このときの最大のNG行動は、過去のセフレ関係・援助交際の関係を持ち出して相手の本当の気持ちを探ろうとすることです。不安な気持ち・これからずっと幸せが続くのか確かめたい気持ちは我慢して、男性に自然に告白してもらう流れにもっていくようお願いしております。

金銭や肉体関係による報酬を断つだけではなく「自らの強い意志で交際している」ことを相手に認識してもらうのがポイントです。女性主導ではなく、男性の自発的な行動を辛抱強く促してください。

それぞれのご状況にあった具体的アドバイスについては、我々にお任せください。

 

 

 

男性に対して金銭的支援を行ったり、セフレ関係を維持していたりすると、いわゆる「本命」に昇格するには専門家の助けが必要です。しかし、お金や身体目的だからと言って「気持ちはなかった」と諦める必要はありません。このような物質的な報酬をデートの度に約束することで、交際に対する意欲をそぐことは、心理学で証明されています。復縁で真面目な交際が再開したときに見直すべき点・復縁前後のデートのNG行為についてもお話ししています。

関連記事

Comment





Comment



Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud