>>>

好きな人と似ている所を探してみる。

こんばんは!復縁屋株式会社の荒川です
今日は、名古屋から大阪に移動でした。

今回は「類似性の法則」について書いていきたいと思います。

「類似性の法則」は簡単に言うと似ている者同士仲良くなるということです。

これには段階があるのですが、最初は距離の近い人、例えば隣の席であったり単純に近い人と仲良くなります。

その後は、共通点や趣味等が似ている人と仲良くなっていきます。

初対面の際に、第一印象が良くても、それだけでは先に進むのは難しいでしょう。

そんな時、迷った時は出来るだけ自分との共通点がないか探してみましょう。

出身地や趣味、好きな音楽や好きな映画なんでもいいです。その中で共通点があれば会話も弾みますし、相手との距離も縮まります。

ただ、この時に質問攻めになってしまわない様に注意しましょう。それこそ相手に好印象はまず残らないでしょう。

また、別れそうになったときに、会話や興味の類似性が少ない場合がよくあります。いわゆる共通の話題がなくだんたんと飽きてきた状態です。

いろいろな話題についていけるように、ときとして努力も必要かもしれません。

復縁のために話題の引き出しを増やす。類似性を増やすというのは、思いがけず効果的で、復縁工作でも基本項目に一つです。

次回は、類似性の法則がうまくいかない場合にも使える恋愛テクニックを紹介します。

復縁の為のサイト紹介

復縁屋の復縁工作でもこの「似ているところを探す」ですは、基本中の基本として活用します。復縁工作のなかで、相手の心理状態、情報の把握、相談者への思いを変えていく場合は、工作員を見ず知らずの第三者として配置します。このとき、まったくことなる人よりも似たバックグラウンド、趣味や関心を持つ人を配置することで、自然と知り合い、友達となり、様々な対応が行いやすくなります。

関連記事

Comment





Comment



Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud