>>>

恋人達のパーソナルスペース – 復縁へのポイント

こんにちは!復縁屋の荒川です。
今回は「空間」についてのお話をします。

どんな人間にも目には見えない心理的に適切な距離感が存在しており、この空間に他人が入ってくると不快な気持ちになるのです。
この空間を心理学では「パーソナルスペース」とよびます。

「パーソナルスペース」は人によって変わり、この距離感を間違えて認識してしまうと人間関係のトラブルにつながることがあるのです。

空間というと少し難しいのですが「パーソナルスペース」は一種の縄張りであり、動物が縄張りに侵入されると相手を敵視したり攻撃的になるのと似ています。

この空間は、女性よりも男性の方が広いとされており、女性の方が他人を受け入れやすい傾向があるのですが、性格などによっても大きく変わるので、相手が女性だからといって「パーソナルスペース」が必ずしも狭いというわけではありません。

しかし、男性と女性の「パーソナルスペース」に違いがあるのは事実ですから、特に今アプローチをしたい異性が居る場合は、恋愛のテクニックとして相手の「パーソナルスペース」を考えて行動してみるのも良いといえます。

恋人達のパーソナルスペース - 復縁へのポイント

男女の喧嘩やトラブルの例をあげますと、常に引っ付いていたい女性と、普段は割と離れた距離を保ちたい男性がお付き合いした場合に発生しやすいトラブルとして、女性は寂しくなり相手に束縛を求め、男性は自身の領域を常に侵されているので相手を鬱陶しく感じるのです。

最悪の場合は離別にまで至る可能性もありますから、恋人同士、夫婦なのだからと自分の「パーソナルスペース」を常識だと思い、そのままを相手にも求めてしまうのはお付き合いが上手くいかない原因の一つになってしまいます。

よく、別れた恋人復縁したいと復縁のタイミングを計ったり、相手に対しアプローチを行う方がいらっしゃいますが、意外と忘れがちなのが別れてからの相手の「パーソナルスペース」です。

一度離れたカップルの場合は、お付き合いしていた頃とあなたに対する「パーソナルスペース」が変わっています。

復縁屋の場合は、復縁工作や調査中で復縁したい相手の心理状況を読み解き、今どの程度受け入れ態勢が整っているか?を確認します。
「パーソナルスペース」は心の距離感と比例しますから、復縁したい相手との正しい「パーソナルスペース」の中で効果的なアプローチができるのです。

復縁の為のサイト紹介

復縁工作の専門会社である「復縁屋株式会社」社長による、復縁したい方の為の復縁テクニックのブログです。
大切な人にもう一度愛して欲しい。恋人、夫婦の絆を取り戻したい。どうしても復縁したい。などを実現するための復縁テクニックを紹介しています。

関連記事

Comment





Comment



Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud